個人事業主のメリットやデメリット

個人事業主とは、いわゆるフリーランスや自営業者のことであり、法的には開業届を出した法人(会社設立)以外の事業主のことを指します。また、ベンチャーと呼ばれるビジネス形態についても、法人ではない、個人事業のものも少なくありません。メリットとしては、法人と比べた場合、「誰にでも簡単に始められる」ことや、「自分のペースで仕事ができること」などが挙げられます。一方デメリットとしては、「全てが自己責任であること」や、融資を受ける際などの「信用度が低いこと」、そして「儲かりすぎると税金が高くなること」などが挙げられます。とくにデメリットについて説明すると、自己責任は当然ですが、「信用度」に関しては、法人の会社と個人事業を比べた場合、法人のほうが融資を受けやすいという傾向があります。そして「税金」については、個人事業の場合、所得税という扱いになるため累進課税が採用され、儲けが増えれば増えるほど税金を多く支払わなければならなくなります。ちなみに所得が増えた場合、法人に切り替えるといったケースも多く見られます。ただし、個人事業主でも、主に雇用に関する助成金を受けることは可能で、国や自治体によってさまざまな制度が設けられています。主な制度としては「キャリア形成促進助成金」などがあり、同制度に関しては、正規雇用に転換する場合に20万~40万円、そして人材育成に関しては10万~50万円の助成が受けられます。

Leave a Reply