助成金を利用して個人事業主としてスタート

会社勤めをしていて培った経験を活かして、新たに事業を起こして個人事業主として仕事をしていこうと考えている人も少なくないでしょう。

しかし、新規に事業を起こすためにはある程度の資金が必要になりますので、資金面で独立や転職を躊躇してしまうこともあるでしょう。その場合には、国や地方公共団体からの助成金を利用することで起業する方法があります。助成金は企業だけでなく、個人事業主でも申請をして条件を満たしていれば利用することができ、基本的に返済する必要はありません。

代表的な助成金には、地域の需要にのっとった起業や創業をする場合に200万円を上限として支給される「ちいさな創業未来補助金」があります。また起業の時のみでなく、その後新たに事業展開をしようと思った時や資金繰りに困った時にも利用できる心強い制度です。ただし、社会情勢によって数年で廃止になったり、新しいものが登場したりと、制度自体が変化し続けています。

また、個人事業主は人を雇用することから経理や事業の展開まですべてを一人でこなさなくてはいけません。そのため、最新の情報をしっかり掴み、チャンスをのがさないためにも、日頃から経験者の話を聞いたり、起業のセミナーに参加したり、税理士などの専門家に相談するなどの準備をしておくことが必要となってくるでしょう。また、なんとしても起業を成功させようという意気込みや熱意が求められることは間違いありません。

スムーズな経営に着手できるためにも、運営のたすけとなる助成金についての情報は随時取得しておくとよいでしょう。賢く活用して経営力を培っておくことをおすすめします。参考資料「個人事業主のための助成金情報センター」に詳細が記載されています。ぜひ参考にしてみてください。

Leave a Reply